市場細分化(マーケット・セグメンテーション)

市場を異質な部分集合ととらえ、標的市場をどこに定めるかに応じて最適なマーケティング・ミックスを開発しようとする考えを全体を分割することを「市場細分化(マーケット・セグメンテーション)」といいます。

市場細分化は、いくつかの切り口で実施することができます。そうした切り口は細分化基準(変数)と呼ばれており、以下の4つなどに整理することができます。

市場細分化基準(変数)

  • 地理的基準(変数)【ジオグラフィック属性】
  • 気候、人口密度、行政単位などであり、地域による消費者ニーズの違いが重視されている場合に取り上げられる変数です。

  • 人口統計的基準(変数)【デモグラフィック属性】
  • 年齢、性別、所得、学歴、職業などであり、市場細分化においてもっとも頻繁に利用されている切り口です。職業と所得、ライフサイクルと年齢のように、人口統計的変数のいくつかは極めて強い結びつきを有しているため、複数の変数を組み合わせるときには、これらの強い結びつきを有している組合せを避けるように注意しなければなりません。

  • 心理的基準(変数)【サイコグラフィック属性】
  • ライフスタイルやパーソナリティを用いる基準です。

  • 行動基準(行動上の変数)【ビヘイビアル属性】
  • ベネフィット(便益)、使用頻度、ロイヤルティ、使用機会などです。

市場細分化が有効になる条件

  1. 測定可能性
  2. 市場セグメントの市場規模と購買力を容易に測定することができるかどうかということです。

  3. 維持可能性
  4. 測定した市場セグメントの規模や購買力が、その企業にとって十分な利益を上げるレベルにあるかどうかということです。

  5. 到達可能性
  6. その市場セグメントに効果的に到達してマーケティング活動を行うことができるかどうかということです。

  7. 実行可能性
  8. その市場セグメントに向けての効果的なマーケティング戦略が実行できるかどうかということです。

英語

Market segmentation

豆知識

セグメンテーションとは細分化であり、ターゲティングとは細分化したどの部分にフォーカスを当てるべきかということです。