プロダクト・マネージャー制

プロダクト・マネージャー制とは、機能別組織のよさを活かしながらも、その欠点であるセクショナリズムを解消するための手法です。

機能別組織を採用している典型的な企業では、研究開発部門は新技術や特許の活用、製造部門は生産コストの低減と納期厳守、販売部門は売上高のアップ、マーケティング部門は知名度向上、というように部門ごとの達成目標が異なるため、部門間のコンクリフト(葛藤・衝突等)が発生する場合が多くあります。

このような場合に、1つの製品について、研究から製造、販売、マーケティングまでを総合的に管理し、全体最適化を図る人(すなわちプロダクト・マネージャー)を任命することが、コンクリフトの解消と経営の効率化に役立ちます。

英語

Product Manager System