ラインアンドスタッフ組織

ラインアンドスタッフ組織とは、ライン組織に専門家の立場からラインを支援するスタッフ部門を付け加えた組織形態です。

ラインアンドスタッフ組織の特徴

ラインアンドスタッフ組織は、最上位者層から最下位層まで一貫した命令系統によって結ばれたライン組織に、ラインの職能を手助けするスタッフが付け加えられた組織形態です。この組織形態は、ライン組織の長所である「命令一元化の原則」と、ファンクショナル組織の長所である「専門化の原則」を兼ね備えているといわれます。

ラインは経営の基幹的な執行機能を持ち、その結果が直接収益に反映します。これに対してスタッフは、ラインへの助言・助力機能を持ち、公式の決定権・命令権を与えられていません。

ラインアンドスタッフ組織のメリットとデメリット

メリット
  • ライン管理者の事務的な負担が軽減され、収益に直結する基幹的な業務に専念できる。
  • 命令の一元性が確保されるので、情報の伝達や意思決定が速い。
  • ラインは、スタッフから高度な専門的サービスを受けられるので、仕事の能率が上がる。
デメリット
  • ラインとスタッフの権限関係があいまいになりやすく、調整が難しくなる。
  • スタッフが本来の助言・助力機能を超えて、ラインを統制管理するようになることがある。