健康保険法

健康保険法は、労働者の業務外の事由による疾病、負傷若しくは死亡又は出産及びその被扶養者の疾病、負傷若しくは死亡又は出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的としています。

被保険者

法人の理事、監事、取締役、代表社員等の法人代表者であっても、法人から労働の対象として報酬を受けているものは、被保険者となります。また、採用当初は試用期間とされている者であっても、長期の予定で雇用されているものは雇用された日から被保険者となります。

被扶養者

被保険者の配偶者で届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にあるものの父母及び子であって、被保険者と同一世帯に属し、主としてその被保険者により生計を維持する者は、被扶養者になります。

英語

Health Insurance Act