男女雇用機会均等法

男女雇用機会均等法は、法の下の平等を保護する日本国憲法の理念にのっとり、雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保を図るとともに、女性労働者の就業に関して妊娠中及び出産後の健康の確保を図る等の措置を促進することを目的としています。

性別を理由とする差別の禁止
事業主は、労働者の募集及び採用について、その性別にかかわりなく、均等な機会を与えなければならない。
労働者の配置、昇進、降格及び教育訓練、福利厚生の措置、労働者の職種及び雇用形態の変更、退職、定年及び解雇並びに労働契約の更新等について、労働者の性別を理由として、差別的取扱いをしてはならない。

英語

Act on Securing, Etc. of Equal Opportunity and Treatment between Men and Women in Employment