PDCAサイクル

PDCA サイクルとは、事業活動における管理業務を円滑に. 進める手法として、W.E.デミングらが提唱した概念です。

意味

企業運営を効率的に行うためには、経営管理が必要です。経営管理を計画的に行うための手法として、マネジメント・サイクルという考え方が一般的です。現代における代表的なマネジメント・サイクルとしては、PDCA サイクルと、PDS サイクルを挙げることができます。

PDCA サイクルは、「計画(PLAN) – 実行(DO) – 測定・評価(CCHECK) – 改善(ACT)」という循環プロセスをまわしながら、管理活動を行うということです。

  • 目標管理制度において、上司がPDCA サイクルを活用する場合
  • 計画(PLAN)
    設定した目標に対し、目標達成の方法を検討
    実行(DO)
    取組みを実行
    測定・評価(CCHECK)
    達成に向けた進捗状況を確認
    改善(ACT)
    達成困難な場合は原因の分析と解決方法の検討、達成が見込める場合はより一層効果を上げる方法を検討

    検討に基づき再度、目標達成の方法を検討(計画に戻る)

図表

文字だけでは分かりにくい部分も多いと思うので、パワーポイントで図表を作りました。