経営用語

経営用語

社会的責任投資(SRI)

株主としての立場・権利を行使して、経営陣に対し、企業の社会的責任(CSR)に配慮した経営を求めていく投資のこと。

続きを読む

メセナ

企業が社会的責任の遂行として、企業名をつけて冠イベントを行ったり、スポーツや文化・芸術への支援を行うこと。

続きを読む

3C分析

3C分析とは、1.市場(=顧客:Customer)、2.競合(Competior)、3.自社(Company)について分析を行う方法です。

続きを読む

企業の社会的責任(CSR)

企業の社会的責任(CSR)とは、利害関係者集団(ステーク・ホルダー)の経済的ならびに社会的欲求を満たすためになさなければならないこと。

続きを読む

テイラーの科学的管理論

フレデリック・テイラーが20世紀初頭に提唱し、ガント、ギルブレスらによって発展した労働者管理の方法論です。

続きを読む

ファヨールの管理過程論(マネジメント・サイクル)

ファヨールが20世紀初頭にその著書「産業ならびに一般の管理」で提唱した、経営管理の過程を理論化した古典的理論です。

続きを読む

企業市民(コーポレート・シチズンシップ)

企業が積極的に社会における役割を果すことが求められていること。

続きを読む

IR活動

IR活動とは、企業が投資家などに対して必要な情報を自発的に開示すること。

続きを読む

PDCAサイクル

PDCA サイクルとは、事業活動における管理業務を円滑に. 進める手法として、W.E.デミングらが提唱した概念です。

続きを読む

コーポレート・ガバナンス(企業統治)

コーポレート・ガバナンスは「企業統治」と訳され、アメリカ企業に典型的な「株主重視の経営」を指して使われることが多い言葉ですが、本質的には「企業はだれのものか?」という議論です。

続きを読む